崖っぷち外資系CAの日常inシンガポール

コロナ禍でCA業がお休みに。思い切って渡米したものの4か月で帰星。これからどうなることやら。

コロナ禍でできること

シェアしてね

f:id:emi_neee:20200803234015j:plain

イメージです

コロナの波が押し寄せてきた2020年3月。私は有給休暇を過ごすため、

サンフランシスコ・ベイエリアにいたときに事件は起こりました。帰国前日に会社のメールを見たら…

 

「当分の間、全便欠航」

 

との文字が!

 

フライトがないから仕事に行けない。

基本給は出ていますが、いかんせん時間を持て余してしまう。

そこで自宅待機中に何ができるか自分なりに考えてみました。

 

 

 

副業を探してみよう!

オンライン英会話

幸いシンガポールの永住権を持っているので、副業が認められています。しかも現在働いているエアラインでは副業している人がたくさん!いくつかのサイトに登録して、日本人向けの英会話授業を日本語で行うのです。海外就職経験、海外で育った経験、バックパッカー経験を聞かれる事が多く、そのことについて話し合うこともあります。ただ毎回決まった時間を空けておく必要があるので、仕事再開したときのことを考えて、授業スタート前に「授業時間はフレキシブルだと有難い」旨お伝えしました。殆どの生徒さんは週末に教えることになりそうです。

翻訳バイト

こちらはクラウドワークスなどで単発の翻訳バイトをしていました。結構な労働力のわりには単価が低かったので、もうしないかな。地道にコツコツ系が苦手だと痛感。私はもっと人と関わるほうが向いているようです。

 

勉強に時間を費やそう!

スペイン語

スペイン語を習うことにしました。大学時代はフランス語が第二外国語だったので、同じラテン語系列なのでベースは似通っています。しかもフランス語よりもっとストレートな印象。読み方は決まった法則があるし、読まない文字は殆どないし(フラ語多っ!)、一度覚えちゃえばなんとか。しかし、スペイン語は早口な印象なので、聞き取りが全くできません。典型的日本人らしく文法が得意なほうです。テキストはオンラインで購入しました。それに併用してDuolingoやHellotalkという語学アプリを使用しています。語学学習は本当に楽しいです!!

 

デジタルマーケティング

コロナ禍で航空業界の低迷が顕著に。当分航空業界にいるのは諦め、ずっと他に何か強みになるものはないか…と考えていました。友人がシリコンバレーのIT業界でAIなどの分析を行う仕事をしているのですが、「ITの経験がなくてもできる、営業やマーケティング経験がある人に合う仕事」を紹介してくれたことが始まりです。

2016年のアメリカ大統領選挙でも注目を浴びたものなのですが、フェイスブックやツイッターなどで発せられる投稿や「いいね」情報を集め、その人にとってどんな広告が一番響くかAIが分析してくれるというもの。従来、広告というものはテレビや新聞などで不特定多数に発せられていましたが、これからの時代はSNSで、その人が買ってくれそうなものを表示するというもの。現代の若者はテレビよりSNSに費やす時間のほうが多いと言われていますしね。

その仕事に興味を持ったとしても、私の知識と経験はゼロに等しい。アメリカのオンラインコース専門のサイトでコースを受けまくり、修了証をもらいました。まだまだヒヨッコで死ぬまで勉強です。

 

自由時間があるので、基本お休みモード

 

とはいっても、上記のことだけでも1日5-6時間ほど。

かなり自由時間を持て余していたので、

料理を作ったり、本を読んだり、ケーキやお菓子を焼いたり、ネットフリックスを観たり…

長い夏休みだと思って、ゆったりと過ごしました。

 

初めての非常事態であるコロナ禍。

最初は不安でたまりませんでしたが、

いま自分が置かれたその環境で何ができるか?

という思いのほうが強かったです。

 

人生一度きり。

悔いのないように生きていこうじゃありませんか!!